子供の虫歯と小児歯科選び

子供は歯が弱く、虫歯になりやすい傾向があります。大人の歯に生え変わるから大丈夫と思っていると、どんどん虫歯は進行していきます。虫歯を大きくしないためにも、定期的に歯医者へ通うことで進行を遅らせたり、早めの治療を行うことができます。

子供を歯医者へ連れて行く時には、小児歯科を選びます。しかし、小児歯科と看板が出ている歯科は、子供を受け入れる歯医者ですが、子供に特化した歯医者とは限らないのが現状です。きちんと歯の治療を行ってくれる歯医者であるかどうかは、親の判断にかかってきます。

じっとして座っておとなしく治療を受けることができる子供は、たいていの小児歯科で受け入れてくれます。しかし、泣いたり嫌がったりすると、治療ができないと言って別の小児歯科へ回されてしまいます。そして、虫歯に対しての考えは、先生によって見解が異なります。小さな虫歯はフッ素を塗って様子見になる先生、きちんと虫歯治療を行う先生に別れます。中には、子供の歯だからといって適当な治療をし、歯を失ってしまうこともあります。

一番信頼できる歯医者は、大学病院です。まず小児歯科で診察をしてもらってから紹介状を書いてもらうと、大学病院で診察してもらうことができます。広い診察室で、丁寧に見てくれます。必要な場合は、入院管理を行いながら全身麻酔で治療を行うこともあります。虫歯の治療や矯正も行っているので安心してみてもらうことができます。

ブリアン歯磨き粉の効果