肌はなんで乾燥するのか

肌はなんで乾燥するのでしょうか。
肌が乾燥する原因について考えてみたいと思います。

肌の潤いは皮膚の角質層で水分を保ち肌の乾燥を防いでいます。
この潤いによって肌の乾燥を防いでいて、且つ外部からの刺激を防いでいます。
いわゆるバリア機能というものです。
肌に潤いってとっても大切なのです。

では肌はなんで乾燥をするのでしょうか。
冬の乾燥した季節は肌が乾燥することがあります。
しかし、夏のジメジメした時でも肌が乾燥することがあります。
気象条件だけが原因ではなさそうです。

原因は様々ありそうです。
一つは、肌の新陳代謝が加齢ととも乱れてくることによって、肌の水分が失われることが挙げられます。
肌のバリア機能が失われて潤いも失われます。
肌の新陳代謝の乱れは加齢だけでなく、生活習慣の乱れやストレスも原因となっています。

夏のジメジメした時期に肌が乾燥するのはエアコンが一因となっていることがあります。
暖房は乾燥しますが、冷房も乾燥するのです。
あと、春から秋にかけて紫外線が強い季節は、紫外線が一因となっていることがあります。
紫外線によって肌のバリア機能が低下することがあります。

生活習慣の乱れの場合、食事の乱れが一因となることがあります。
栄養が偏って食事をとっているとビタミン類が不足することがあり肌のバリア機能が低下することがあります。

あと、入浴後も肌が乾燥します。
熱すぎる湯に入るとバリア機能が低下することがあります。
また、石鹸やシャンプーによって必要な脂質が洗われてしまい肌が乾燥することがあります。
入浴後はしっかりとスキンケアをしたいところです。

このように、肌が乾燥する理由は様々ですので、気になることから注意をしてゆきたいですね。

脂漏性皮膚炎によるフケをシャンプーで改善してみる